Thermal Energy Engineering Lab

JP / EN

PUBLICATIONS > Domestic Conference

DOMESTIC CONFERENCE

2011

  • 石川桂,千足昇平,バダル サイフッラー,トゥラキットセーリー ティーラポン,堀琢磨,項榮,渡辺誠,塩見淳一郎,丸山茂夫,「ラマン分光による励起光レーザー加熱を用いた垂直配向単層カーボンナノチューブ膜の熱物性の測定」,第32回日本熱物性シンポジウム,横浜,(2011).
  • 塩見淳一郎,志賀拓麿,Keivan Esfarjani,Gang Chen,「第一原理に基づいた熱電変換材料の熱伝導解析」,日本機械学会第3回マイクロ・ナノ工学シンポジウム講演論文集,東京,(2011).
  • 飛田翔,志賀拓麿,丸山茂夫,James A. Elliott,塩見淳一郎,「カーボンナノチューブ・ポリマー複合材の異方性熱伝導に関する分子動力学」,日本機械学会第3回マイクロ・ナノ工学シンポジウム講演論文集,東京,(2011).
  • 志賀拓麿,堀琢磨,丸山 茂夫,塩見 淳一郎,「合金結晶のフォノン輸送の分子動力学解析」,日本機械学会第3回マイクロ・ナノ工学シンポジウム講演論文集,東京,(2011).
  • James Cannon,金大中,丸山茂夫,塩見淳一郎,「分子動力学法を用いた浸透機構の解析」,日本機械学会第3回マイクロ・ナノ工学シンポジウム講演論文集,東京,(2011).
  • 堀琢磨,志賀拓麿,丸山茂夫,塩見 淳一郎,「分子動力学法を用いたシリコン結晶のフォノン輸送解析」,日本機械学会第3回マイクロ・ナノ工学シンポジウム講演論文集,東京(2011).
  • 志賀拓麿,塩見淳一郎, Keivan Esfarjani,Gang Chen,「第一原理計算による鉛テルライドのフォノン伝導解析」,第72回応用物理学会学術講演会,山形(2011).
  • 塩見淳一郎,志賀拓麿,Keivan Esfarjani,Gang Chen,「第一原理に基づくバルク熱電結晶材料の格子熱伝導解析」,第八回日本熱電学会学術講演会,札幌,(2011).
  • 野口拓哉、千足昇平、塩見淳一郎、丸山茂夫,「触媒CVD法による単層CNT成長の分子動力学シミュレーション」,第41回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム,東京 (2011)
  • 相川 慎也,エリック エイナルソン,井ノ上 泰輝,千足 昇平,塩見 淳一郎, 西川 英一,丸山 茂夫,「柔軟で透明、金属不要な単層カーボンナノチューブトランジスタ 」,ナノ学会第9回大会,北海道 (2011).
  • 塩見淳一郎,Keivan Esfarjani,陳剛,「第一原理に基づいた熱電変換材料のマルチスケール熱伝導解析―ハーフホイスラー化合物のフォノン輸送特性―」,第48回日本伝熱シンポジウム,岡山,pp. 597-598 (2011).
  • 飛田翔,エリオット ジェームス,丸山茂夫,塩見淳一郎,「カーボンナノチューブ複合材の熱伝導に関する分子動力学」,第48回日本伝熱シンポジウム,岡山,pp. 251-252 (2011).
  • 堀琢磨,志賀拓麿,丸山茂夫,塩見淳一郎,「シリコンにおけるフォノン輸送の分子動力学解析」,第48回日本伝熱シンポジウム,岡山,pp. 255-256 (2011).
  • 志賀拓麿,塩見淳一郎,Keivan Esfarjani,Gang Chen,「第一原理に基づいた鉛テルライドのフォノン伝導解析」,第48回日本伝熱シンポジウム,岡山,pp. 275-276 (2011).
  • 杵淵郁也,川崎淳平,塩見淳一郎,高木周,丸山茂夫,松本洋一郎,「単層カーボンナノチューブ膜修飾表面における気体分子のエネルギー適応過程の数値解析」,第48回日本伝熱シンポジウム,岡山,pp. 365-366 (2011).
  • 井ノ上泰輝,長谷川大祐,千足昇平,塩見淳一郎,丸山茂夫,「アルコールCVD法による水平配向単層カーボンナノチューブの高密度合成」,第48回日本伝熱シンポジウム,岡山,pp.365-366 (2011).
  • 中村芳紀,丸山茂夫,塩見淳一郎,「濡れのダイナミクスに関する分子動力学解析」,第48回日本伝熱シンポジウム,岡山,pp. 493-494 (2011).
  • 松尾哲平,野口拓哉,千足昇平,塩見淳一郎,丸山茂夫,「単層CNT内金属ナノワイヤーの形成と触媒CVD法による単層CNT成長の分子動力学シミュレーション」,第48回日本伝熱シンポジウム,岡山,pp. 585-586 (2011).
  • 車振赫,塩見淳一郎,千足昇平,丸山茂夫,「単層カーボンナノチューブと周囲流体との界面熱コンダクタンスメカニズムの分子動力学解析」,第48回日本伝熱シンポジウム,岡山,pp. 587-588 (2011).
  • 山中俊平,大川潤,エリック エイナルソン,塩見淳一郎,丸山茂夫,「垂直配向単層カーボンナノチューブ膜を電極に用いた色素増感太陽電池の作製」,第48回日本伝熱シンポジウム,岡山,pp. 593-594 (2011).
  • 石川桂,千足昇平,バダル サイフッラー,トゥラキットセーリー ティーラポン,堀琢磨,項榮,渡辺誠,塩見淳一郎,丸山茂夫,「ラマン分光による励起光レーザー加熱を用いた垂直配向単層カーボンナノチューブ膜の伝熱特性の測定」,第48回日本伝熱シンポジウム,岡山,pp. 599-600 (2011).

2010

  • 山中 俊平,エリック エイナルソン,大川 潤,塩見 淳一郎,千足 昇平,丸山 茂夫,「垂直配向単層カーボンナノチューブ膜を電極に用いた色素増感太陽電池の作製と評価」 第31回日本熱物性シンポジウム,福岡,pp. 194-195 (2010).
  • 石川 桂,千足 昇平,バダル サイフッラー,トゥラキットセーリー ティーラポン,堀 琢磨,項 榮,渡辺 誠,塩見 淳一郎,丸山 茂夫「ラマン励起光レーザー加熱による転写した垂直配向単層カーボンナノチューブ膜の伝熱特性について」,日本機会学会 熱工学カンファレンス2010,新潟pp. 49-50 (2010).
  • ティーラポン トゥラキットセーリー,エリック エイナルソン,項 榮,相川 慎也,千足 昇平,塩見 淳一郎,丸山 茂夫,「単層カーボンナノチューブの直径制御CVD合成」 第2回マイクロ・ナノ工学シンポジウム,島根,pp. 173 (2010).
  • 車 振赫,千足 昇平,塩見 淳一郎,丸山 茂夫,「単層カーボンナノチューブと周囲流体の界面熱抵抗」, 第2回マイクロ・ナノ工学シンポジウム,島根,pp. 79 (2010).
  • 相川 慎也,項 榮,エリック エイナルソン,千足 昇平,塩見 淳一郎,西川 英一,丸山 茂夫,「単層CNTのパターン合成による高性能FET簡易作製」,第2回マイクロ・ナノ工学シンポジウム,島根,pp. 77 (2010).
  • 千足 昇平, 井ノ上 泰輝,項 榮, 相川 慎也,塩見 淳一郎,丸山 茂夫,「単層カーボンナノチューブの水晶基板上における水平成長メカニズム」,第71回応用物理学会学術講演会,長崎 (2010).
  • 千足 昇平,井ノ上 泰輝,T. Thurakitseree,相川 慎也,X. Rong,塩見 淳一郎,丸山 茂夫,「R面(101)水晶基板上でのSWNT水平配向成長, 第39回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム,京都,p. 171 (2010).
  • P. Zhao, E. Einarsson, G. Lagoudas, R. Xiang, J. Shiomi, S. Chiashi, S. Maruyama,「Mechanism Behind Separation of Single-Walled Carbon Nanotubes via Density Gradient Ultracentrifugation Using Co-Surfactant Dispersions」,第39回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム,京都,p. 170 (2010).
  • 車 振赫,千足 昇平,塩見 淳一郎,丸山 茂夫,「単層カーボンナノチューブと周囲流体との界面熱コンダクタンスの分子動力学シミュレーション」, 第39回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム,京都,p. 161 (2010).
  • 相川 慎也,R. Xiang, E. Einarsson, 千足 昇平, 塩見 淳一郎,西川 英一,丸山 茂夫,「高性能all-SWNT電界効果トランジスタの作製と特性評価」,第39回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム,京都,p. 53 (2010).
  • 車 振赫,塩見 淳一郎,千足 昇平,丸山 茂夫 ,「単層カーボンナノチューブと周囲流体の界面熱コンダクタンス」,第47回日本伝熱シンポジウム,札幌,pp. 359-360 (2010).
  • ティーラポン トゥラキットセーリー,エリック エイナルソン,項 榮,千足 昇平,塩見 淳一郎,丸山 茂夫,「アルコール触媒CVD法による単層カーボンナノチューブの合成制御:触媒還元温度の直径への影響」,第47回日本伝熱シンポジウム,札幌,pp. 355-356 (2010).
  • 井ノ上 泰輝,岡部 寛人,侯 博,千足 昇平,渡辺 誠,塩見 淳一郎,丸山 茂夫,「ジメチルエーテルを用いた単層カーボンナノチューブ膜のCVD 合成」,第47回日本伝熱シンポジウム,札幌,pp. 97-98 (2010).
  • 岡部 寛人,千足 昇平,塩見 淳一郎,佐藤 忠,河野 修一,寺澤 正巳,丸山 茂夫,「水晶基板表面上でのカーボンナノチューブ配向メカニズムの研究」,第47回日本伝熱シンポジウム,札幌,pp. 87 (2010).
  • 石川 桂,千足 昇平,トゥラキットセーリー ティーラポン,堀 琢磨,項 榮,渡辺 誠,塩見 淳一郎,丸山 茂夫,「ラマン分光を用いた垂直配向単層カーボンナノチューブ膜の熱伝導」,第47回日本伝熱シンポジウム,札幌,pp. 83-84 (2010).
  • Erik Einarsson,Pei Zhao,Georgia Lagoudas,千足 昇平,塩見 淳一郎,丸山 茂夫,「密度勾配超遠心分離法による単層カーボンナノチューブの分離機構」,ナノ学会第8回大会,岡崎,pp. 339 (2010).
  • 井ノ上 泰輝,岡部 寛人,千足 昇平,塩見 淳一郎,丸山 茂夫,「単層カーボンナノチューブの水晶基板上での水平配向合成」,ナノ学会第8回大会,岡崎,pp. 319 (2010).
  • 相川 慎也,項 榮,エリック エイナルソン,酒造 正樹,北畠 旭,千足 昇平,塩見 淳一郎,ジャン=ジャック ドロネー,山田 一郎,西川 英一,丸山 茂夫 ,「基板の表面改質を利用した選択的触媒担持法によるAs-grown単層カーボンナノチューブFETの作製と特性評価」,ナノ学会第8回大会,岡崎,pp. 119 (2010).

2009

  • 高田修司,中井隆志,トゥラキットセーリー ティーラポン,高木秀樹 ,酒造正樹,塩見淳一郎,ジャンジャックドロネー,丸山茂夫, 山田 一郎,「垂直配向単層カーボンナノチューブを用いたマイクロガス濃縮器」, 第26回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, 東京, p.89 (2009).
  • トゥラキットセーリー ティーラポン,エイナルソン エリック,項榮,相川慎也,趙沛,塩見淳一郎, 丸山 茂夫, 「スピンコーティングを用いた触媒担持法の最適化による垂直配向単層カーボンナノチューブ膜の合成」, 第1回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, 東京, p. 169 (2009).
  • 井ノ上泰輝,岡部寛人,千足昇平,渡辺誠,塩見淳一郎,丸山茂夫, 「触媒CVD 法による単層カーボンナノチューブの低温・低圧合成」, 第1回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, 東京, p. 168 (2009).
  • 車振赫,塩見淳一郎,丸山茂夫, 「カーボンナノチューブと周囲流体の界面熱コンダクタンス」, 第1回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, 東京, p. 189 (2009).
  • 川崎淳平,原田裕士,杵淵郁也,石川 桂,塩見淳一郎,高木 周,丸山茂夫,松本洋一郎,「カーボンナノチューブ垂直配向膜を透過する気体分子の散乱挙動」,第1回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, 東京, p. 190 (2009).
  • 趙沛, 村上陽一, エイナルソン エリック, 項榮, 塩見淳一郎, 丸山茂夫, 「密度勾配超遠心法による単層カーボンナノチューブの選択的カイラリティー分離」, 第70回 応用物理学会学術講演会, 富山, (2009)
  • 車振赫, 塩見淳一郎, 丸山茂夫, 「SWNTと周囲材料の界面熱コンダクタンスのメカニズム」, 第37回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, つくば, p. 172 (2009).
  • 相川慎也, 項榮, エイナルソン エリック, 塩見淳一郎, 西川英一, 丸山茂夫, 「As-grownの単層カーボンナノチューブを用いた容易な電界効果トランジスタの作製とその特性評価」, 第37回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, つくば, p. 180 (2009).
  • 趙沛, 村上陽一, 項榮, エイナルソン エリック, 塩見淳一郎, 丸山茂夫, 「密度勾配超遠心法による(6,5)カーボンナノチューブ選択単離と分光評価」, 第37回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, つくば, p. 20 (2009).
  • トゥラキットセーリー ティーラポン, エリックエイナルソン, 項榮, 趙沛, 塩見淳一郎, 丸山茂夫, 「Catalyst deposition by spin-coating for synthesis of vertically-aligned single-walled carbon nanotubes」, 第37回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, つくば, p. 136 (2009).
  • 項栄, 相川慎也, エイナルソン エリック, 塩見淳一郎, 丸山茂夫, 「High Precision Site-selective Growth of SWNTs and its Applications」, 第37回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, つくば, p. 188 (2009).
  • 藤野真久, 須賀唯知, 塩見淳一郎, 丸山茂夫, 曽我育生, 近藤大雄, 石月義克, 岩井大介, 水越正孝, 「垂直配向カーボンナノチューブへの高速原子ビームを用いた表面処理の影響」, 第37回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, つくば, p. 51(2009).
  • 松尾哲平,塩見淳一郎,丸山茂夫,「カーボンナノチューブへの金属蒸着の分子動力学, 第46回日本伝熱シンポジウム」, 京都, pp. 293-294 (2009).
  • 石川桂,田中三郎,宮崎康次,塩見淳一郎,丸山茂夫,「垂直配向単層カーボンナノチューブ膜の熱伝導特性について」, 第46回日本伝熱シンポジウム, 京都, pp. 445-446 (2009).
  • 伊豆好史,塩見淳一郎,丸山茂夫,「カーボンナノチューブ内部における単層カーボンナノチューブの生成」, 第46回日本伝熱シンポジウム, 京都, pp. 453-454 (2009).
  • 大川潤,エイナルソン エリック,塩見淳一郎,丸山茂夫,「垂直配向単層カーボンナノチューブ膜の色素増感型太陽電池電極への応用」, 第46回日本伝熱シンポジウム,京都, pp. 459-460, (2009).
  • 渡辺誠,石川桂,大川潤,塩見淳一郎,丸山茂夫,「垂直配向単層カーボンナノチューブ膜と金属面との接合, 第46回日本伝熱シンポジウム」, 京都, pp. 657-658 (2009).
  • 塩見淳一郎,FredrikCarlborg,丸山茂夫,「カーボンナノチューブと周囲材料の界面における熱輸送特性」, 第46回日本伝熱シンポジウム, 京都, pp. 659-660 (2009).
  • 高田修司,中井隆志,酒造正樹,塩見淳一郎,ジャンジャックドロネー,丸山茂夫,山田一郎,「カーボンナノチューブを固定相に用いたマイクロガスクロマトグラフィカラム」, ナノ学会第7回大会, 東京, p. 166 (2009).
  • 山本貴博,小鍋哲,塩見淳一郎,丸山茂夫, 「カーボンナノチューブ熱伝導のバリスティック-拡散クロスオーバー」, ナノ学会第7回大会, 東京, p. 45 (2009).
  • 松尾哲平,塩見淳一郎,丸山茂夫,「SWNTへの金属蒸着の分子動力学」, ナノ学会第7回大会, 東京, p. 165 (2009).
  • 石川桂,田中三郎,宮崎康次,塩見淳一郎,丸山茂夫,「垂直配向単層カーボンナノチューブ膜の熱伝導特性の測定」, ナノ学会第7回大会, 東京, p. 191 (2009).
  • 鈴木弘郁,大坪勇貴,沈睿, 小嶋映二, 嶽山正二郎,村上陽一,宮内雄平,塩見淳一郎,丸山茂夫,「ミセル化単層カーボンナノチューブのパルス超強磁場近赤外磁気光吸収」,日本物理学会春季大会(東京),(2009).
  • 齋藤理一郎,佐藤健太郎,塩見淳一郎,丸山茂夫,「単層カーボンナノチューブの励起子遷移エネルギーの環境効果」,第36回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 名古屋, p. 8 (2009).
  • 石川桂,田中三郎,宮崎康次,塩見淳一郎,丸山茂夫,「垂直配向単層カーボンナノチューブの熱伝導率の特性」,第36回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 名古屋, p. 15 (2009).
  • 伊豆好史,塩見淳一郎,丸山茂夫,「ナノチューブ内部での単層ナノチューブ成長,第36回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム」, 名古屋, p. 74 (2009).
  • 大川潤,エイナルソン エリック,塩見淳一郎,丸山茂夫,「垂直配向SWNT膜の色素増感型太陽電池対極への応用」,第36回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 名古屋, p. 105 (2009).
  • 松尾哲平,塩見淳一郎,丸山茂夫,「SWNTへの金属蒸着の分子動力学」,第36回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 名古屋, p. 107 (2009).
  • 項栄,エイナルソン エリック,塩見淳一郎,丸山茂夫,「ウエット法による垂直配向単層SWNTのパターン合成」,第36回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 名古屋, p. 45 (2009).
  • エイナルソン エリック,項榮,ティーラポンテゥラキットセーリー,張正宜,村上陽一,塩見淳一郎,丸山茂夫,「垂直配向単層カーボンナノチューブの光分光評価」,第36回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 名古屋, p. 132 (2009).
  • 趙沛,村上陽一,項榮,エイナルソン エリック,塩見淳一郎,丸山茂夫,「密度勾配超遠心分離法による(6,5)ナノチューブの選択分離」,第36回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 名古屋, p. 134 (2009).

2008

  • 塩見淳一郎,木村達人,丸山茂夫,「カーボンナノチューブ内部の水の分子動力学:低次元空間内での水の輸送と相変化」,日本流体力学会年会(東京)講演要旨集,CD-ROM, (2008).
  • 大坪勇貴,鈴木弘郁,小嶋映二,嶽山正二郎,宮内雄平,塩見淳一郎,丸山茂夫,「超強磁場下におけるミセル化単層カーボンナノチューブの励起子光吸収」,第19回光物性研究会,(2008).
  • 石川桂, 田中三郎,宮崎康次,塩見淳一郎,丸山茂夫,「垂直配向単層カーボンナノチューブ膜の熱伝導率の計測」,第29回日本熱物性シンポジウム(東京)講演論文集, (2008).
  • 塩見淳一郎,Fredrik Carlborg 丸山茂夫,「カーボンナノチューブ熱伝導への周囲材料の影響」,日本物理学会秋季大会(岩手)講演概要集, (2008).
  • 目良裕,有馬智史,石崎喜一郎,垣内拓大,間瀬一彦,項榮,塩見淳一郎,丸山茂夫,前田康二,「軟X線照射による13C-単層カーボンナノチューブからの原子脱離」,日本物理学会秋季大会(岩手)講演概要集, p. 783 (2008).
  • 大坪勇貴,鈴木弘郁,小嶋映二,嶽山正二郎,宮内雄平,塩見淳一郎,丸山茂夫,「ミセル化溶液中単層カーボンナノチューブの超強磁場磁気光励起子吸収」,日本物理学会秋季大会(岩手)講演概要集, p. 731 (2008).
  • 石川 桂, 田中 三郎, 宮崎 康次, 塩見 淳一郎, 丸山 茂夫, 「3ω法による垂直配向単層カーボンナノチューブ膜の熱伝導率の特性評価」, 第35回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 東京, p. 143 (2008).
  • 塩見 淳一郎, 丸山 茂夫, 「周囲物質によるSWNT熱伝導の低下」, 第35回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 東京, p. 197 (2008).
  • 大川 潤, 塩見 淳一郎, 丸山 茂夫, 「垂直配向SWNT膜成長過程の特性評価と色素増感型太陽電池への応用」, 第35回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 東京, p. 205 (2008).
  • 伊豆 好史, 塩見 淳一郎, 丸山 茂夫, 「カーボンナノチューブ内部での触媒金属による単層カーボンナノチューブ生成」, 第35回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 東京, p. 221 (2008).
  • 小倉一晃,大川潤,渡辺誠,塩見淳一郎,丸山茂夫, 「垂直配向単層CNTのCVD合成と色素増感型太陽電池電極への応用」, 第45回日本伝熱シンポジウム, つくば, pp. 91-92 (2008).
  • 西村峰鷹,塩見淳一郎,丸山茂夫, 「分子動力学法によるカーボンナノチューブのフォノン緩和挙動の観察」, 第45回日本伝熱シンポジウム, つくば, pp. 505-506 (2008).
  • 石川桂,田中三郎,宮崎康次,塩見淳一郎,丸山茂夫, 「3ω法による垂直配向単層カーボンナノチューブ膜の熱伝導率測定」, 第45回日本伝熱シンポジウム, つくば, pp. 95-96 (2008).
  • 塩見淳一郎,林原,宮内雄平,アンベリ グスタフ,丸山茂夫, 「誘電泳動による金属・半導体単層カーボンナノチューブの分離」, 第45回日本伝熱シンポジウム, つくば, pp. 93-94 (2008).
  • 塩見淳一郎,林原,アンベリ グスタフ,丸山茂夫, 「カーボンナノチューブ内の水の誘電緩和」, ナノ学会第6回大会, 博多, p. 182 (2008).
  • 丸山茂夫,伊豆好史,塩見淳一郎, 「ナノチューブ内部での触媒金属による単層ナノチューブ成長 -DWNT成長の分子動力学-」, 2008年春季 第55回応用物理学関係連合講演会, 船橋 (2008).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫, 「単層カーボンナノチューブの拡散・弾道熱伝導の分子動力学」, 2008年春季 第55回応用物理学関係連合講演会, 船橋 (2008).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫,「カーボンナノチューブの熱伝導への周囲材料の影響:分子動力学シミュレーション」, 第34回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 名古屋, p. 22 (2008).
  • 西村峰鷹,塩見淳一郎,丸山茂夫, 「分子動力学法による単層カーボンナノチューブにおけるフォノン緩和」, 第34回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 名古屋, p.178 (2008).
  • 伊豆好史,塩見淳一郎,丸山茂夫, 「カーボンナノチューブ内部での触媒金属からの単層カーボンナノチューブ生成」, 第34回フラーレンナノチューブ総合シンポジウム, 名古屋, p. 93 (2008).

2007

  • 大坪勇貴,嶽山正二郎,小嶋映二,平山康博,冀子武,大川潤,Erik Einarsson, 塩見 淳一郎,丸山 茂夫, 「垂直配向単層カーボンナノチューブの超強磁場磁気光学」, 物理学会秋季大会, 札幌, (2007).
  • 塩見淳一郎,高木周, 「局所温度制御による振動熱対流の制御性について(第二報)」,日本流体力学会年会(東京)講演要旨集,CD-ROM, 171 (2007).
  • 原林,塩見淳一郎,丸山茂夫,Gustav Amberg 「カーボンナノチューブの誘電泳導分離に関する流体力学」,日本流体力学会年会(東京)講演要旨集,CD-ROM, 169 (2007).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫, 「カーボンナノチューブの準弾道的熱伝導」,第44回日本伝熱シンポジウム(長崎)講演論文集,vol. 3, pp.609-610 (2007).
  • 石川圭,Hai Doung,塩見淳一郎,丸山茂夫, 「垂直配向単層カーボンナノチューブ膜面への金属の真空蒸着」, 第44回日本伝熱シンポジウム(長崎)講演論文集,vol. 3, pp.613-614 (2007).
  • 平間慎一郎,伊豆好史,塩見淳一郎,丸山茂夫, 「金属触媒からの単層カーボンナノチューブのCVD成長の分子動力学」, 第44回日本伝熱シンポジウム(長崎)講演論文集,vol. 3, pp.621-622 (2007).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫, 「カーボンナノチューブの準弾道的フォノン輸送」,日本物理学会春季大会(鹿児島)講演概要集,vol. 62 (1), p. 844 (2007).
  • 丸山茂夫,塩見淳一郎,宮内雄平,原林,Gustav Amberg, "Dielectrophoresis separation of single-walled carbon nanotubes", 第32回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム(名古屋)講演要旨集,p. 64 (2007).
  • 塩見淳一郎, 木村達人, 丸山茂夫, "Molecular dynamics of phase transition of water inside a carbon nanotube", 第32回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム(名古屋)講演要旨集,p. 39 (2007).
  • 上野一郎,小宮敦樹,木村達人,塩見淳一郎,丸山茂夫,松本聡,「コンタクトライン近傍流体の動力学」研究班WG活動報告,宇宙利用シンポジウム,vol. 23, pp. 90-93 (2007).

2006

  • 塩見淳一郎,木村達人,丸山茂夫, 「カーボンナノチューブ内での水の相変化」,熱工学コンファレンス2006(神奈川)講演論文集,No. 06-2, pp. 25-26 (2006).
  • 塩見淳一郎, アンベリ グスタフ, 高木周, 「局所温度制御による振動熱対流の制御性について」,日本流体力学会年会(福岡)講演アブストラクト集,p. 189 (2006).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫, 「カーボンナノチューブ内部での水の輸送と相変化に関する分子動力学シミュレーション」,日本機会学会2006年次大会(熊本)講演論文集,vol. 3, pp. 383-384 (2006).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫, "Molecular Dynamics Simulations of Phonon Transport in Single-Walled Carbon Nanotubes",第27回日本熱物性シンポジウム(京都)講演論文集,pp. 287-289 (2006).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫, "Thermal conductivity of an SWNT with micrometer length", 第31回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム(三重)講演要旨集,p. 9 (2006).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫, 「有限長単層カーボンナノチューブのフォノン輸送に関する分子動力学シミュレーション」,第43回日本伝熱シンポジウム(名古屋)講演論文集, vol. 1, pp. 191-192 (2006).
  • 塩見淳一郎,Gustav Amberg「振動マランゴニ対流の非線形特性及びそのフィードバック制御」, 第55回理論応用力学講演会(京都)講演論文集 (2006).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫, "Phonon transport in finite length SWNTs using molecular dynamics simulations", 第30回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム(名古屋)講演要旨集,p. 82 (2006).

2005

  • 塩見淳一郎,丸山茂夫,「単層カーボンナノチューブ接合界面における界面熱抵抗」,熱工学コンファレンス(岐阜)講演論文集,No. 05-17, pp. 121-122 (2005).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫, 「カーボンナノチューブ伝熱への周囲材料の影響」,第26回日本熱物性シンポジウム(筑波)講演論文集,pp. 29-31 (2005).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫, "Thermal conductivity of SWNTs in practical situations", 第28回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム(京都)講演要旨集,p. 181 (2005).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫, 「分子動力学法による単層カーボンナノチューブの非フーリエ熱伝導」, 第42回日本伝熱シンポジウム(仙台)講演論文集,vol. 3, pp.751-752 (2005).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫, "Thermal conductivity of single-walled carbon nanotubes with isotopes", 第27回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム(名古屋)講演要旨集,p13 (2005).
  • 五十嵐康弘,塩見淳一郎,丸山茂夫, "Thermal conductance between an SWNT and Lennard-Jones fluid", 第28回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム(名古屋)講演要旨集,p. 66 (2005).

-2004

  • 塩見淳一郎,五十嵐康弘,丸山茂夫, 「単層カーボンナノチューブの熱伝導に関する分子動力学シミュレーション」,第17回計算力学講演会(仙台)講演論文集,pp. 533-534 (2004).
  • 五十嵐康弘,塩見淳一郎,丸山茂夫, 「単層カーボンナノチューブと周辺物質の熱コンダクタンス」, 熱工学コンファレンス(仙台)講演論文集,pp. 141-142 (2004).
  • 塩見淳一郎,「温度差マランゴニ対流における振動流制御」,境界層遷移の解明と制御・第35回研究会(東京)講演論文集,pp. 47-50 (2004).
  • 塩見淳一郎,丸山茂夫, "Motion of water along single-walled carbon nanotubes", 第26回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム(東京)講演要旨集,p. 205 (2004).
  • 五十嵐康弘,塩見淳一郎,丸山茂夫, "Thermal conductance between SWNT and other materials", 第27回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム(東京)講演要旨集,p. 194 (2004).
  • 工藤正樹,上野一郎,塩見淳一郎,グスタフ・アンべり,河村洋, 「温度差マランゴニ効果による液柱内非線形対流場のフィードバック制御」, 第41回日本伝熱シンポジウム(富山)講演論文集,vol.3, pp. 565-566 (2004).
  • 工藤正樹,塩見淳一郎,上野一郎,河村洋,グスタフ・アンベリ, 「液柱内温度差マランゴニ対流における振動流の能動的制御」,日本マイクログラビティ応用学会第19回学術講演会, pp.31 (2003).
  • 工藤正樹,塩見淳一郎,上野一郎,河村洋,グスタフ・アンベリ, 「液柱内温度差マランゴニ対流における1.振動流の能動的制御」,第39回日本伝熱シンポジウム(札幌)講演論文集,pp. 241-242 (2002).
  • 徳川直子,高木正平,塩見淳一郎,松原雅春,小濱泰昭,「超音速流における境界遷移点計測」第30回流体力学講演会(岡山)講演集,pp. 269-272 (1998).